メイン

:: 店主 内藤宏の活動 一覧

2012年05月18日

 野菜の生命力

市場の片隅に放置されたジャガイモと玉ねぎ。春を感じてしっかり子孫を残す準備を始めました。

箱詰されても、袋詰めされても、野菜は生きているんだと実感します。

Posted from するぷろ for iPhone.

2012年05月17日

 野菜の学校(5/12)

野菜と文化のフォーラム主催の「野菜の学校」に出席しました。
今回のテーマは「豆」です。

例えばグリンピースですが、関東では関東産が出回るまでは、ほとんどが鹿児島産です。ところが、関西では和歌山産の「うすい豌豆」が席巻しているそうです。

鹿児島産のグリンピースとうすい豌豆を食べ比べです。
色鮮やかでしっかりした食感のグリンピースに対し、うすい豌豆はやさしい風味と柔らかな食感でした。
グループディスカッションではグリンピースはしっかりした味付けの調理に、うすい豌豆は和風の煮物や豆ご飯に適しているのでは、との意見が大勢でした。
いつもながら、有益な勉強会でした。
主催者の皆様に感謝です。

Posted from するぷろ for iPhone.

2011年04月06日

 当店が雑誌に掲載(当店の直売コーナー)

%E7%99%BE%E6%A5%BD%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%8E%9F%E7%A8%BF_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_2.jpg

続きを読む "当店が雑誌に掲載(当店の直売コーナー)" »

 当店が雑誌「百楽」の記事に(野路さんの畑)

%E7%99%BE%E6%A5%BD%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%8E%9F%E7%A8%BF_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_1.jpg

続きを読む "当店が雑誌「百楽」の記事に(野路さんの畑)" »

2009年05月06日

 アグリドリーム高糖度トマト圃場を見学2009.04

090415%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%94.jpg

いつもお世話になっている横浜丸中青果の担当者さんと茨城県のアグリドリームさんを訪問しました。
フルーツトマトはどこのトマト産地でも作っていますが、アグリドリームの食味の安定感、玉の大きさは際だっています。
その秘密は
①木が枯れる寸前まで水分をしぼる(乾いた培地に点滴のように養液をかけて栽培しています)。
②大玉までもっていける適切な品種選び(企業秘密のような感じでした)。
③エリアごとの栽培責任制度
にあるようです。
民間企業なので設備には無駄なお金を使わず、品質に最大限のこだわりを持ってトマト栽培を行っていることがわかりました。

「やさいのナイトウ」が一番にお勧めできるフルーツトマトです。

 長生グリーンウェーブを見学2009.03

090215%E9%95%B7%E7%94%9F%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%96%EF%BC%92.jpg

野菜ソムリエ仲間二人と長生グリーンウェーブのトマト選果場を見学しました。
わずか三名の見学にもかかわらず、販売課の鵜澤さんが丁寧に案内して下さいました。
「おわん型」のトレーでトマトを転がさない、全量糖度検査で食味を一定レベル以上に維持、自動箱詰めロボットの採用により「手でさわる」ことがほとんどない。などの特徴がよくわかりました。

「やさいのナイトウ」でも今まで以上に自信を持って「長生トマト」をお客様にお勧めしていきたいと思いました。